介護士の平均年齢が上がっている理由

就職を望む場合、一般的には若い人を望む企業が多いです。実際、中高年の人が就職を目指したとしても、ほとんどの企業で内定を貰えない可能性があります。しかし、介護業界では、年齢関係無く内定を貰えることが多いのです。
介護業界は比較的就職しやすいということもあり、転職先として選ばれることが多くなりました。そのため、現在介護士として働く人の平均年齢が徐々に上がってきています。

介護の現場では、それまでの職場で培った経験を活かせる場面が多く、前職を持つ中高年は利用者さんから良い評判を受けることが多いです。特に、辛い経験を持つ人は利用者さんに対して思いやりを持って接することができるため、心の通じる介護ができると喜ばれています。

入職しやすい介護業界ですが、賃金が安いからと避けられる風潮もあります。しかし、介護業界の低賃金は国も問題視しており、解消に向けた取り組みが行われているので、将来的には安定すると考えられます。また、経験を積んで、ケアマネや社会福祉士などの資格取得をしたり、管理者を目指したりすれば、そうした賃金面の問題は解決できるでしょう。

中高年で介護業界に入ってきた人は、ほとんどが介護職にやりがいを見出して、イキイキと働いています。若者よりも利用者さんとの年齢が近く、親近感を持って接することができるのかもしれません。
職場ではチームワークが大切なので、和を大切にできる人であれば、たとえ年齢が高くても歓迎されます。素直な学ぶ心を持って、新人として働き始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です