未経験から介護のプロを目指す

転職をしようと思っても、多くの企業が設けている年齢制限で引っかかって、面接すらしてもらえないことがあります。しかし、そんな中でも介護業界は他の分野に比べて格段に年齢制限のハ-ドルが低い傾向にあります。しかも、未経験から介護業界に入る人も多く、施設の受け入れ体制が整っていることも多いです。中高年から介護のプロを目指すというのは、十分に可能なのです。

介護士の具体的な内容は、老人ホームやデイサービスなどの施設で、利用者さんの生活をサポートすることです。施設で働く場合は、レクリエーションの準備なども行います。
また、利用者さんの自宅を訪ねてサポートを行う、介護支援事業所もあります。主に、着替え・食事のサポートや、排せつ・入浴の介助などを行います。

施設で働く場合は、無資格でも働くことができます。しかし、長期的にこの業界で働くつもりであれば、介護職員初任者研修の資格取得をおすすめします。介護の登竜門的な資格ですので、持っておいて損はありません。加えて、この資格を持っていれば、訪問介護でのサポートも行うことができるようになります。
介護士は、無資格で働きながら資格取得を目指すのと、あらかじめ資格を取得してから働き始める方法があります。働きながら取得する場合は、受講費の一部を施設が補助してくれる場合もありますので、働き始める前に確認すると良いでしょう。

現在、介護業界では、多くの中高年の方が活躍しています。介護未経験でも、何歳の人であっても、利用者さんをサポートしたいという思いがあれば、始められる仕事なのです。
年齢がネックで介護業界への転職を迷っている人は、【中高年から始める介護士navi】参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です